土地有効活用で税金はどうなるでしょう?

土地に関係する税金。
土地有効活用を行うことで
税金がどのようになるのか把握しておきましょう。

相続税

相続税への対策を行うことで、土地については貸家建付地評価及び小規模宅地等の課税特例を適用することによって、土地評価額の引下げが期待できます、建物については、建築価額と建物の相続税評価額との評価差額の発生によって、価額圧縮効果が期待できます。

固定資産税

固定資産税等の保有税への対策を行うことで、固定資産税(都市計画税)の小規模住宅用地課税特例が適用され、減税効果が期待できます。また、不動産所得が建物等の減価償却費等で赤字となる場合、他の所得と損益通算をすることで所得税及び住民税の減税効果も期待できます。

Point!

土地の有効活用による税金対策は非常に漠然としたものです。乏しい知識のなかで試行錯誤を繰り返し、結果として成果が得られないという事例が多くあります。成果を得る税金対策を実行するためには、活用目的を明確にし、具体的な目標を設定、そして、その目標を実現するための土地有効活用を進めることが何よりも大切になってくるのです。